胚培養士(エンブリオロジスト)

みなさまこんにちは。我々胚培養士(エンブリオロジスト)は、主にここ「培養室」で業務を行っております。 ここでは精子、卵子、受精卵を扱い、主な業務は、体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)、受精卵の培養・凍結、精巣内精子採取術(TESE-ICSI)、人工授精(IUI)の精子の調整などです。 また、我々の目指す処は、「最先端の技術を駆使して、ハイレベルな体外環境を提供する事」と、「透明性を持った医療を提供する事」です。
学術集会などで最新の知見を収集し、その正しい知見に基づいて技術を鍛錬し、一人でも多くのお子さんを授かる事ができる様、より良い結果を求めるのは当然の事です。 それに加え、不妊治療は不安な事や難しい事の多い治療ですので、治療を受けられる方々とじっくりとお話をして、情報を提供していきたいと思っております。
何か気になる事があれば、あずき色の制服を着た我々になんでも聞いて下さい!少しでもご理解・ご納得された上で治療を受けて頂ける様に説明致します。

水田 真平
胚培養部長
藤田保健衛生大学大学院保健学研究科分子遺伝学専攻
藤田保健衛生大学医療科学部非常勤講師
神戸常磐大学保健科学部 非常勤講師
日本卵子学会認定生殖補助医療胚培養士
日本不妊カウンセリング学会認定体外受精コーディネーター
日本臨床エンブリオロジスト学会代議員
日本不妊カウンセリング学会評議員
チーム一丸となって卵子、精子、受精卵に愛情を持って接します。
何か不安な事や分からない事があればいつでもお聞き下さい。
経歴

大学院では分子遺伝学を専攻、また遺伝カウンセリングへの興味もあり、遺伝子検査等の技術および医療現場に関わる遺伝の問題について学ぶ。

神戸の英ウィメンズクリニックで胚培養士として勤務し、胚培養室リーダーとして働く傍ら、PGD(着床前診断)部門の立ち上げを行った。

ロンドンで胚培養士として働く夢を叶えるため、ロンドン随一の不妊治療施設であるIVF Hammersmithにて研修を行った。

その後、当院CEOである石川智基医師、松林秀彦院長とともに、リプロダクションクリニック大阪の立ち上げを行った。

主な発表論文等
  1. 第2回エンブリオロジストのためのPGS/PGDを学ぶ会
    ラボ業務の新たな展開「胚盤胞Biopsyのコツと細胞処理方法
  2. 72nd ASRM Annual Meeting
    INTRACYTOPLASMIC SPERM INJECTION (ICSI) OUTCOME USING IMMOTILE SPERMATOZOA EVEN AFTER PENTOXIFYLLIN ADMINISTRATION IN NON-OBSTRUCTIVE AZOOSPERMIC PATIENTS.
  3. 第39回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座
    生殖医療の基礎知識「TESE -ラボではどんなことが行われているのか、うまくいくのか」
  4. 生殖補助医療技術者のための大阪リカレントセミナー 2016
    胚培養士からみたTESEにおける生殖細胞の鑑別とICSIの技術
  5. 日本臨床エンブリオロジスト学会 Web Seminar
    TESE における精子採取から妊娠出産を考える
  6. 第17回明日の不妊症看護を考える会
    「 現代のエンブリオロジスト事情 」 ~役割と仕事、患者の関わり方から無精子症患者の治療戦略まで~
  7. 第47回精子研究会
    精巣内精子採取術における精子採取から妊娠出産を考える-適応別の採取法および調整法、その治療成績まで-
  8. 第15回日本不妊カウンセリング学会
    精巣内精子採取術の情報提供に関して -2年間675件のTESEの経験から-
  9. 第57回日本卵子学会
    非閉塞性無精子症患者における非運動精子を用いたTESE-ICSIの臨床成績
  10. 日本臨床エンブリオロジスト学会
    精巣内精子採取術における運動精子回収率と非運動精子を用いたTESE-ICSIの臨床成績
  11. 第33回日本受精着床学会 男性年齢別のICSIおよびTESE-ICSIの臨床成績
  12. 31st ESHRE Annual Meeting 2015
    Clinical outcomes of artificial oocyte activation with calcium ionophore in intracytoplasmic sperm injection (ICSI) using testicular spermatozoa on sibling oocytes
  13. 日本生殖看護学会誌
    「胚培養士の立場からみる生殖看護-胚培養士の看護への介入と看護職への要望-」
  14. 第56回日本卵子学会
    精巣内精子使用 ICSI における卵子活性化の影響
  15. 2015 IFFS Annual meeting
    Clinical consequences of azoospermia with Y chromosome microdeletion
  16. 第59回日本生殖医学会
    顕微鏡下精巣内精子採取術(micro-TESE)の病理検査結果と精子回収率および培養成績の検討
  17. 70th ASRM annual meeting
    THE ASSESSMENT OF FERTILIZATION AND EMBRYONIC DEVELOPMENT?USING TESTICULAR SPERMATOZOA AMONG PRESUMED?HISTOPATHOLOGY IN TESTICULAR BIOPSY FROM NON-OBSTRUCTIVEAZOOSPERMIA (NOA).
  18. 第32回日本受精着床学会
    新鮮精巣内精子を用いた ICSI が有効な症例はあるか?
  19. 第12回日本生殖看護学会
    シンポジウム「チーム医療!それぞれの立場から生殖看護を考える」
    胚培養士の立場からみる生殖看護~胚培養士の看護への介入と看護職への要望~
  20. 第33回 日本アンドロロジー学会学術大会
    シンポジウム「ART における精子回収法を極める」
    胚培養士の立場からみる精巣精子採取術(TESE)―FN/生殖細胞の鑑別と術者への要望―
  21. 第13回IVF学会 『最優秀賞演題』
    IVFおよびICSI後1前核が見られた胚の発生と胚盤胞における染色体解析
  22. 第12回IVF学会 『最優秀賞候補演題』
    ICSI施行後3前核が見られた胚のDay3割球における染色体倍数性の解析
  23. 16th World Congress on In Vitro Fertilization
    Chromosomal Analysis of cleavage embryos and blastocysts derived from tripronuclear zygotes after ICSI.
  24. 27th Annual Meeting ESHRE 2011
    Chromosomal Analysis of Blastocysts Developed from Monopronuclear Embryos after IVF and ICSI.
  25. 第4回JISARTラボ教育セミナー
    当院における着床前診断(PGD)の手技と症例報告
  26. 第9回不妊カウンセリング学会
    PGDを実施した相互転座を伴う習慣流産患者2例
  27. 第51回哺乳動物卵子学会
    多前核が高頻度に見られた症例の治療経過と多前核胚の染色体解析
  28. 第25回受精着床学会
    単一胚盤胞移植における胚盤胞の形態別妊娠率および流産率の検討
  29. 日本受精着床学会雑誌
    ICSI施行後3前核が見られた胚のDay3における染色体倍数性の解析
  30. 日本受精着床学会雑誌
    単一胚盤胞移植におけるDay5とDay6胚盤胞の形態別妊娠率および流産率の検討

 

胚培養士のブログ

坂倉 和美
近畿大学生物理工学部生物工学科
日本卵子学会認定生殖補助医療胚培養士
日本不妊カウンセリング学会認定体外受精コーディネーター
少しでも多くの患者様と喜びが共有できるよう、一緒に頑張って行きたいと思います。
植田 潤子
京都産業大学工学部生物工学科
日本卵子学会認定生殖補助医療胚培養士
日本不妊カウンセリング学会認定体外受精コーディネーター
患者様のお力に少しでもなれるよう日々努力していきたいと思います。
笹峯 梢
公立宮城県農業短期大学畜産科
日本卵子学会認定生殖補助医療胚培養士
患者様の願いが1日でも早く叶うように日々努力を重ね、愛情を持って仕事に取り組んでいきたいと思います。
東山 龍一
高知大学農学部生物資源科学科
日本卵子学会認定生殖補助医療胚培養士
「1件1件丁寧に」をモットーに、お預かりした精子、卵子、受精卵を大切に扱わせて頂きます。
永野 明子
熊本大学 医学部保健学科検査技術科
日本卵子学会認定生殖補助医療胚培養士
患者様に安心して治療を受けて頂くために、常に知識と技術の向上を目指します。
石田 彩子
長浜バイオ大学バイオサイエンス学部バイオサイエンス学科
一人でも多くの赤ちゃんと患者様の笑顔がみれるよう、尽力致します。
有田 奈央
大阪大学大学院 生命機能研究科生命機能専攻
皆様のお力になることができるよう、日々、知識・技術ともに向上させていきます。
奥谷 徳子
兵庫県立大学 理学部生命科学科
患者様が安心して治療を受けられるよう、日々技術の向上に努めてまいります。
秦 仁樹
近畿大学大学院 農学研究科バイオサイエンス専攻博士前期課程
患者様へのサポートを第一に、技術向上に努めてまいります。
稲岡 京介
長浜バイオ大学大学院 バイオサイエンス研究科博士前期課程
新たな命の誕生に関われる喜びを胸に、患者様のご期待に添えるよう尽力していきます。
三好 万智
神戸常盤大学 保健科学部医療検査学科
元気な赤ちゃんが授かりますよう、お預かりする配偶子は大切に扱い、日々の業務に励んでまいります。